大腸がんの最先端治療はどんな方法?

大腸がんの最新治療法を知りたい!

大腸がんの最新治療法はどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

医療は日進月歩ですし、

 

大腸がん患者さんの負担がより軽減するよう

 

改善されています。

 

 

どんな最先端医療が受けられるのか見ていきましょう。

大腸がんの治療はステージごとに変化する

大腸がんの治療はステージごとに変化します。

 

 

いわゆる、悪性腫瘍の大きさや状態により

 

治療方法を変えているのですね。

 

 

大腸がんステージTの治療法

 

ステージTの状態は、悪性腫瘍が粘膜内にとどまっていて、

 

なおかつ大きさが2cm以内であれば内視鏡の手術の切除だけで済みます。

 

 

これを、内視鏡的療法といいます。

 

この治療法は、肛門から内視鏡を挿入し、

 

悪性腫瘍に輪っかを引っ掛けて腫瘍を焼き切る方法です。

 

 

患者さんの身体にメスを入れないので患者さんの負担はとても軽く済みます。

 

 

ステージUの治療法

 

癌細胞が3cm以上で粘膜内を越えてひろがっている場合、

 

いわゆるステージUの状態ですが、この状態は内視鏡的療法は行えません。

 

 

そのため、お腹に4,5箇所の小さな穴をあけて悪性腫瘍を切除する

 

腹腔鏡手術が行われます。

 

 

小さな穴からカメラ、かんし、メスを入れて映像を見ながら

 

悪性腫瘍を切除します。

 

 

開ける穴が小さいことから、患者さんの肉体的負担は

 

非常に小さくなります。

 

 

ステージV以降

 

ステージV以降の大腸がんで、

 

腹腔鏡手術が困難な場合は開腹手術を行います。

 

 

他の治療法

 

その他、外から放射線をあてる放射線治療、化学療法などの

 

治療法もあります。

 

 

患者さんの癌の進行度合い、患者さん自身の体力もみて

 

どの治療が適切か総合的に判断されます。

 

 

最近では漢方も使う!

大腸がんの病院での治療というと、

 

切除手術や抗がん剤治療がイメージされますが、

 

 

現在では漢方薬も併用して患者さんの負担を軽減しています。

 

 

東洋医学である漢方も取り入れて保険が効くのは

 

世界でも日本だけです。