大腸がんの初期症状って?ステージの詳細

大腸がんの初期症状を知りたい

大腸がんの初期症状ってどんな自覚症状があるんでしょうか。

 

 

まず、大腸がんの初期の段階では

 

自覚症状がほとんどありません。

 

 

しかし、大腸がん患者さんでも、

 

初期の頃から「あれ?なんかおかしい!」という

 

症状はあったようです。

 

 

大腸がんは初期時点で治療すればほとんど100%に近い確率で

 

治癒できる癌です。

 

 

まずは大腸がんの初期症状を知っておきましょう。

 

大腸がんの初期症状

血便

 

血便は大腸がんの中でも最も症状が出やすいです。

 

 

特に肛門に近い直腸からの出血があると、

 

便に血が混じる状態になります。

 

 

大腸がんの血便は「黒い便」なのが特徴。

 

 

痔などでは鮮血ですが、大腸がんの場合の血便は

 

黒っぽい色、うんちに血がまとわりついている、

 

 

こういった症状が多いです。

 

 

便秘と下痢を交互に繰り返す

 

便秘と下痢を交互に繰り返す症状もあります。

 

 

大腸に悪性腫瘍ができると、腫瘍がゆっくりと大きくなります。

 

 

すると、便の通り道をふさぎ、排便がうまくできなくなります。

 

 

すると、便秘気味になりますが、身体は便を押し出そうとします。

 

 

すると、一気に排便する形になり今度は下痢状態になります。

 

 

大腸がんの人は便秘と下痢を一定期間ごとに繰り返すのです。

 

 

おならが増える

 

大腸がんになるとおならが増えたり臭いがきつくなります。

 

 

特に臭いですが、大腸内で出血が起こると、血のにおいが

 

混じってしまい、おならが腐敗臭になります。

 

 

おならの回数やいきなり臭いがきつくなった時は注意が必要です。

 

 

腹痛・腰痛・背中痛

 

大腸の中に癌細胞ができたり、他臓器に転移すると、

 

痛いが出ます。しかし、基本的に身体が痛い、というのは

 

ある程度進行が進んだ状態です。

 

 

しかし、中には大腸がん患者さんで、便などに何も異常はなかったけど、

 

背中痛は最初から感じてた というケースもありました。

 

 

「身体が痛い」ということ自体、SOSを発しているということ。

 

 

注意しましょう。

 

 

便が細い

 

便が細くなるのは、腸内にある悪性腫瘍が大きくなってきた証拠。

 

 

大腸がんが進行すると、

 

便が鉛筆や小指ぐらいの細さにまでなります。

 

 

それは、悪性腫瘍が大きくなって、便の通り道を

 

塞いでいる状態だからです。